あずま屋本舗
やりかけ、かじりかけであることをここに誓います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対ルーファス説明書

ルーファス説明書、趣向を変えて、逆に対ルーファスも書いておこう。
ルーファスを使う上での意識するポイントでもあるので、ルーファスを使いたい方もぜひ。
・対EX救世主

まずルーファス対策をする上で、調べるべきはEX救世主への対抗策。
具体的には「リバサEX救世主をスカせるか」「ガード後、確定反撃があるか」


EX救世主は、大きく前に前進するので、しゃがみ小Kや小Pなど体勢が低くなる技を起き上がりに重ねておくと途中でスカります。
これはキャラの技、座高によって出来るかどうかが異なるので、自キャラで調べておこう。

スカった後は、少し距離が離れた状態で確反状況になるのでとりあえず大足〆などでダウンを奪って、再度同じようにいくとよい。
また、しゃがんだ状態で技を重ねると他のリバサ選択肢である弱蛇突ネイチャーもスカせて確反を入れることができるので意識しておくべきだ。


EX救世主は、ガードさせた後に中段・下段・上段無敵でさらに択をしかけることができる。
しかし、それぞれの判定、発生が遅いためキャラクターごとに安定した拒否をすることもできる。

たとえばバルログならEXテラーで中段下段に勝ち、上段とは相打ちからさらに追撃が入る。

判定が強ければ、案外何でも返せるので、自キャラごとに調べておこう。
また、ほぼ全キャラUCには無敵がついているので、その辺で安定して返せることもある。

もし何も反撃がなければ、垂直ジャンプやセビなどで最大リターンを狙うような択にしていこう。
落ち着いてガードすれば、中下段も簡単に見える速度だが、ガードした後は確反がほぼない。
EX救世主にリスクがないとわかったルーファスはすぐに調子に乗るので、何かしなければならない。



・対固め

ルーファスに近づかれたとき、一生ファルコーンで固められてそのまま負けた、というのはよくあるだろう。
それの軽い対策をまとめておく。

まず、基本は相手が浮いたら立つ。
しゃがみグラップを入れたくなるので、どうしてもその流れでファルコーンをしゃがみガードしてしまう人がいる。
しかし、ファルコーンに対してしゃがみガードをしようとした時点で、前ジャンプからのファルコーンで表裏択を仕掛けられることになる。
これの対策として、ファルコーンをガードするときは必ず立つ。そうすればルーファスは裏に回れず、めくりファルコーンも打てない。


次に、小足グラップは積極的に「やらない」こと。
ルーファス側は、まさにその小足を狩るためにファルコーンを連打している。
ので、小足グラップを出せば出すほどルーファスが有利になっていく。すぐにやめましょう。

小足を出すなら、ファルコーンガード後や立ち小Kガード後に最速でコスるのがおすすめ。
最速で出せば、相手の2度目のファルコーンに対してはガードが間に合うことが多く、ルーファスの打撃択に打ち勝つことができる。
最速投げには負けるが、ファルコーンを食らうぐらいなら投げられたほうがはるかに良い。


そして投げ対策としては「複合グラ」と「逃げッティア」を使おう。

キャラごとに打点の高いしゃがみ技はいくつかあると思うので、グラップの際はそれを複合させて使っていく。
例えばリュウなら「しゃがみ中Pグラップ」と「しゃがみ大Pグラップ」あたりが、小足グラップを狩るファルコーンに打ち勝ちやすい。

さらにファルコーンは空中に浮く+打点が低いので自分が飛び上がれば当たらない。
ので、固めでファルコーンを読んだらバックジャンプ即攻撃をすると、ファルコーンにきた相手を殴りつつ、距離を離せる。
また、空中判定になるので、投げの対策にもなるのが特徴だ。
垂直ジャンプ攻撃では、ジャンプ即攻撃のときは着地を狩られ、地上相手にあたるように打つと相手の読みJ大Kに負けてしまうので気を付けよう。

余談ではあるが、立ち回りでのファルコーンに困ったときも、空対空をベースに対策すると勝てることが多い。


「浮いたら立ちガード」「各種複合グラ」「逃げッティア」を意識しながら、キャラによってバクステや無敵技で散らしていく。大事なことは選択肢を広く持って、使い分けること。



・対起き攻め
ルーファスの起き攻めは、中央では択になっているようでなっていないことが多い。
その辺を誤魔化されないように気をつけるのも大事だ。


まず、画面中央での前投げ後の対策として大事なことは「自キャラがめくられるかどうか」
中央前投げ後の基本的な起き攻めである「ステステ前ジャンプファルコーン」。
このファルコーンをJ中Kにすることで表裏択が成立しているが、これはキャラクター限定である。
まず自分のキャラがめくり攻撃を食らうかどうかを把握しておくことが重要だ。

そしてこれへの対策として重要なのは暴れどころ。
基本的には「ファルコーンガード後暴れ」を意識しよう。リバサ暴れは無敵技、通常技問わず一方的につぶされることが多い。
ファルコーン単品では必ず表なので、それをガードした後に何かで暴れることを意識しよう。

なお、画面端前投げ後はパターンが色々あるので割愛するが、基本はガード後に読みあうことだ。


次に多い、大銀河後の対策。
これは、まず起き上がりが可能技であることを意識する。
起き上がりのタイミングは自分でいじれるので、ルーファス側が技を重ねることは難しい。
また、重ねたとしても詐欺飛びにはなっていないことも多いので、このときはリバサで暴れてもよい。
また、技も仕込みづらく、キャラによってはバクステで安定して拒否れる。
他には、ジャンプ攻撃後は少し距離が離れているので、セビバクステで仕切りなおすのも有効。

画面端では必ず起き上がりをすること。
これをしないと、ファルコーンで裏にまわられた後、画面端を継続しながら表裏択を迫られる。



EX救世主後の起き攻めはファルコーンで表裏択を迫られる。
裏落ちするかしないか、などの読みあいがあるのでセビステ・バクステも安定の切り替えしとはいえない。
しかしめくりファルコーンはリバサ昇竜に勝てない。それを意識して、逆2択を仕掛けることも視野にいれておこう。
また、EX救世主も起き上がりが可能である。
起き上がるタイミングをずらしたり、起き上がらなかったりを色々見せるのもありかもしれない。



対立ち回り

キャラごとに色々あるので、特にいうことはない。
ただ、ある程度の起き攻めがあるキャラクターは、1ラウンド目の開幕を意識すること。
1ゲージがたまる前のルーファスは拒否手段が貧弱で、スタン値も低い。
そこをしっかり攻められれば、1ラウンド目の戦いやすさが大きく変わってくる。

開幕は、まず攻める意識を持つことが、全キャラ共通してのルーファス対策だ。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

AzmX

Author:AzmX
当初はそれなりに方向性がありました。
上手くいかないものですね。

要するに要するほどのこともないブログです。
ポケモン関連についてがメインということにする。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。