あずま屋本舗
やりかけ、かじりかけであることをここに誓います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GODSGARDENを楽しむ方法 ~この夏、偏差値30からの動画勢~

前回の続き。
キャラの特徴の紹介をやっていきたいと思います。
せっかくだから以下に。
豪鬼(ときど)

このキャラは、見る側とすればありがたいぐらいにわかりやすいキャラクターです。
まず立ち回りは弾打ちつつ、飛びつつ、色々やってます。
立大K(2段回し蹴り)が出てきたあたりから注目していきましょう。

そして何か当たりました、小技からしゃがみ大Kにつなげて相手をダウンさせました。
そうきたら、ここからが本番!
相手をダウンさせた時、そこから始まる七色の起き攻めがこのキャラクターの見所です。

豪鬼は大足、投げなどからダウンを取り、起き攻めを仕掛けていくのが華です。
またその起き攻めは、ヒット時、再び大足などで〆ることで再度同様の起き攻めにもっていくことができます。
こうして、起き攻めをループさせて殺していく、これが豪鬼の魅力の一つです。
見てる側も一緒になって、起き攻めに翻弄されましょう。


ダルシム(YHC-餅)

ダルシムは、比較的知名度が高いのでいわずもがな、というところもあるでしょう。
得意な距離は遠距離、その伸びる手足と飛び道具を使い、相手を寄せ付けないのが理想の戦い方です。

見所はやはり立ち回りの堅さ、特に対空でしょうか。
やってみればわかりますが、地上戦をやりつつ、上から飛んでくる相手を落とす、というのはわかっていても難しい。
特にダルシムは、一度飛びを通されてしまうと拒否の手段が少なく、そこから一気に持っていかれてしまうこともしばしば。
トッププレイヤーの意識配分、ならびに立ち回りの堅さが見所でしょう。

また、このキャラはユンヤンが死ぬほどきついことでも有名。
前回のとおり、ユンヤンは接近手段が豊富で、崩しの択もそろっている。
オマケに通常技対空に対する手段として雷撃蹴(タイミングが変わるので落とすことが困難になる)を持っています。
今回の大会ではダルシムがこの2キャラになすすべもなく蹂躙されるのがみどk、もといダルシム側の一流のキャラ対策に期待しましょう。
一体どういう立ち回りをすれば勝てるのか、想像もつきません。


まこと(wa75842)

キャラの特徴は爆発力。
極めて遅い前後移動、優秀とは言いがたい牽制技。
それらを補っているのがやたら速いダッシュと「疾風(突進技)」です。

前後移動が遅いため、間合い管理が非常に難しいこのキャラクターですが、そこはじっくりゆっくりと、相手の隙をうかがいつつ行っていきます。
そして、機を見るやダッシュで相手の懐にもぐりこみ、接近戦を仕掛ける。 
これがまことの基本的な行動です。

接近戦では「唐草(コマ投げ、EXではアーマー付)」「剣(空中かかと落とし、低空で出してグラ潰し、バクステ狩り等)」「颪(中段必殺技)」などを使い択をかけていきます。

特筆すべきはそのダメージ、スタン値。
特に端でのEX疾風につないだときの火力は半端なものでなく、2回通せば相手はピヨるというすさまじさ。

ゲーム展開が速く、ワンチャンスで相手の体力を持っていくため、最後まで気が抜けない対戦になるでしょう。
このキャラの対戦は瞬き禁止、目を離してはいけません。


サガット(あーるえふ)

「砲台」であるとか「要塞」であるとか、そういった言葉が似合うのがこのキャラクター。
その強さを支えるのは、このゲームの中で最高の性能を誇る飛び道具「タイガーショット」。
弾の速さ、回転率、硬直の少なさ。どこをとっても一級品。
それらを嫌って飛べば、「遠大K」や「タイガーアッパーカット」からの大ダメージ対空が待ち構えています。
「タイガーニー(突進技)」などを使いつつ、端に追い詰められないよう、逆に相手を端に追い詰めるよう、間合い調整も完璧にしてくるようなら、そのサガットを崩すのは相当困難な作業でしょう。

このキャラの見所、というか求められてるところに「ユンヤンキラー」としての働きがあります。
ユンとヤンをまとめるのも変な話でしょうが、とにかく他キャラに比べて勝ちやすい。
下手をすれば有利まであるのではないか。そんな話も聞きます。
このたびの大会で、ユンヤンを減らしてくれるのか。そんな期待を持ちつつ見るのが面白いのではないでしょうか。


さくら(うりょ)

さくらは火力がとにかく高い。そのコンボ火力は圧巻の一言。

立ち回りでは、しゃがみ中Kによる牽制が目立ちます。
ここで注意してみてもらいたいのは、この2中Kはヒットしたとき「咲桜拳(昇竜拳のようなもの)」がでること。
これは仕込み入力により、ヒットガード時にのみこの技が出るようになっています。
中距離での立ち回りは苦手ですが、この辺を駆使しつつ、接近戦をできる機会を待ちます。

接近してからは「春風脚(ちっちゃい竜巻旋風脚)」をグラ潰しに、択をかけていきます。
そこからヒットしたときには、通常技→春風脚→通常技・・・ とある種のループコンを決めて大火力。
この爆発力で勝ちをもぎ取るのがさくらです。
さくらのコンボが入ったら「すげぇ減るっ!」と叫んでおけばいいでしょう。

また、切り替えしが不安定なのもこのキャラクターの特徴。
バクステは弱めで、無敵切り替えしも少々貧弱。
さくら戦は、どちらがペースを握るか、じっくり見物するのがいいでしょう。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

AzmX

Author:AzmX
当初はそれなりに方向性がありました。
上手くいかないものですね。

要するに要するほどのこともないブログです。
ポケモン関連についてがメインということにする。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。