あずま屋本舗
やりかけ、かじりかけであることをここに誓います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーファス説明書 -立ち回りの基本

ルーファスはあくまで攻めるキャラクターです。
なので、まずは攻めるための基本的な立ち回りの概略を、距離別に。



超遠距離(2大Pが届かない距離)

ルーファスがやることはありません。
とりあえず歩きましょう。相手が弾を撃ってくるようでしたら、落ち着いてセビバクステで問題ない。
ルーファスはUCへの依存度が高いので、UCゲージが溜められるのは万々歳だと思っていいでしょう。

場合によっては垂直降りファルコーン、ガード、大蛇突避けを選択するかな?



遠距離(前J大Pの先端が当たるような距離)

ここから、ルーファスの読み合いが始まります。
ルーファスはともかく、飛びを通したい。それは前J大Pであったり、ファルコーンであったりしますが、とにかく接近したいキャラなので、ここから布石を打つのが大切です。


相手の意識を上に向ける方法として

垂直ジャンプ(からのファルコーン) 低リスク、および相手の突進技警戒など。

前ジャンプから各種タイミングファルコーン  高度をあげるほど、接近できる。あくまで、相手の意識を散らすのが目的なので、対空には引っかからないように。 一部けん制(中足など)を潰すように打てばより効果あり。

前飛び大P 要するに飛び。相手の実力を低く見たときは、まず飛んで対空をどうするかの確認の意味で打つこともある。

前飛び当てるファルコーン 相手の通常技対空のタイミングをずらす。相手の対空の打ち方によって。

前飛びJ小P 一部通常対空などに打ち勝つ場合がある、ルーファスに珍しいスパイス。


相手の意識を地上に向ける方法として

2大P この距離のけん制の要。相手側が、これにリターンを取ろうとセビや前飛びをしようとしてきたら、そこを対応する。相手を動かすために使うのが面白い。

3中K ちょっと距離は近づくが、これを先端で当てるようにする。意識してれば、ある程度は対処されるので、過信はいけない。 また、相手のけん制技等、いくらでも負けれる。

前ジャンプ各種タイミングファルコーン このファルコーンはどちらの意味でも使える。 これでの接近を潰すために地上技けん制に移行してくれれば、それはそれで美味しい。

前歩き これにプレッシャーが出てくると、上級者なのかなぁ・・・・・・ 一番わかりやすい接近手段である。

ダッシュ ルーファスはそこまで性能がよくないので、あまり使わない気がする。


これらを使い分けて、ゆっくり近づいていくことが大事。 焦りは禁物。


中距離(大銀河が届く距離)

この辺でも、大体同じ。
ただ、相手キャラにより遠中Pなどでのけん制が必要になります。
また、このくらいから、ファルコーンに対してけん制の狙いで前飛びしてくる人が増えます。
なので、上に集中して、ファルコーンは即降りなどで釣りを混ぜると効果的。


また、相手のキャラのけん制によって当てるファルコーンがあまり機能しなくなる。
ので、ここまできたら歩きがもっと重要になってきます。  この辺、もっとちゃんとしなきゃダメだな。



近距離

俺の時代!!
ここまでくれば、相手は当てるファルコーンに対してみてから反応することはできません。
ので、打点の高い攻撃でのけん制やバックジャンプ、バックステップでの仕切り直しを仕掛けてきます。

ここからは「足元にあてるファルコーン」「相手の打点の高いけん制を潰すファルコーン(垂直など)」「様子見」あたりを狙っていきます。
これの中で、様子見について。意味合いとしてはその場でガードやバック、垂直即降りファルなども含んでいます。

まず、相手のバックジャンプ、バックステップに関しては、読んだとき以外に直接的なリスクを負わせづらいです。
ので、間接的にリスクを負わせる方法が、一番低リスクではないかと思います。

当然、これらの攻撃は必ず後ろに下がり、相手が画面端に近づきます。
そして、自分はこれらの隙に前進することができます。そして、こちらが前進したので、また同じように相手は画面端にどんどん近づいていくことになります。
相手を画面端に追い詰めれば、これらの行動は威力を失い、また相手のけん制の隙に対して小パンを差し込んだときのEX銀河などから、リターンが取りやすくなります。
こちらのダメージ源が増える、また相手は回避手段が減り期待値も増える。
こういうのを見ると、相手を端に近づけるのは、間接的に相手の体力を奪っているということになるんではないでしょうか。

なので、様子見も立派な攻めの手段になっています。


密着戦
近づいて、やっとこさファルコーンをガードさせました。やったー。
さて、ここから崩すのがだいご味です。
小Kを入れ込みこれもガードさせたとして、ここからの選択は


投げ
低空ファルコーン(しゃがグラ、グラップ狩り)
高めファルコーン(打点の高い複合グラップ狩り)
微遅らせ大P(複合グラップ狩り、バックジャンプ逃げ狩り)
エミリオ小足(バックステップ狩り)
様子見ガード(無敵技、バックジャンプステップに対応)


とこの辺になってます。
これらで崩すポイントは、一度で崩そうと思わないこと。
1度目で崩せなくても、そこに「相手の対応を見た」というリターンがあれば、次の崩しで活きてきます。
幸い、これらのどれを選択しても状況的には悪くならず、次のチャンスはすぐやってきます。
ので、1度目相手の対応によってこちらの選択を変えること。これが重要です。

備考としては、大Pは大銀河を入れ込まないといけない。
エミリオ小足は大足だが、一部キャラにはどうしようもない。現実は非情である。
様子見ガードは、ある程度遅らせてしゃがグラ小足を入れておくと比較的、リスクが少ない。


これで崩せさえすれば、後はセットプレイに持ち込み、できるだけ同じことを繰り返すようにして、勝ちましょう。
画面端は正義!

コメント

こんにちは。ルーファス面白そうな事に気づき最近使い始めました。
参考にさせてもらってます
【2011/10/18 17:52】 URL | bent #9fn0MV6o[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

AzmX

Author:AzmX
当初はそれなりに方向性がありました。
上手くいかないものですね。

要するに要するほどのこともないブログです。
ポケモン関連についてがメインということにする。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。