あずま屋本舗
やりかけ、かじりかけであることをここに誓います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見事なまでに大牟田

今の「東方」ってジャンルは、二次創作じゃなく、妄想を伝えるための共通言語になってるんだなぁ と考えて、勝手に納得。
「原作やってないのの~」と言うほうが 今は頭がおかしいんだな と思いました。
まあ、なんだっていいっちゃなんだっていいんですけど。



ポケモンブラック・ホワイト、ようやっとクリア。プレイ時間は20時間ばかし。
感想としては、んー、ポケモンとして完全に駄作だと思う。
シナリオ中に色違い捕獲とか、初めてのサプライズがあったりなんだりだけど、いい評価はしない。

難易度はポケモンで言っても仕方ないんだけど まあそのほかの面で色々不満が残る。
アホみたいな出現率もひとつ、マイナスポイント。
これ関係なく快適に進むためにはスプレーが必要で、そのスプレーっていうのは「新しい草むらにどんな新しいキャラが出てくるのか」みたいなポケモンの楽しみをがりがり削っちゃう道具です。悲しい。

ただ、今回その点ではそれほど問題じゃない かもしれません。
もっと大きな問題に隠れて、問題にならなくなってるだけなんですが。

今回ひどいのが、キャラの数が少ないこと。
これ、なんで少ないのかよくわかんないんですけど、ほんっとに物足りない。
序盤中盤終盤かけて、はじめの草むらにいるようなネズミと犬が延々出続ける。
このせいで、別の草むら見つけても「どうせ犬でしょ」って感じでスプレーを使うことに躊躇がいらない。

アホみたいな猿作ってるから、こんなことになるんだよ と、プレイしてる最中はうんざりしてました。
関係ないけど、実は毎回新ポケモンには結構期待してたんだなぁ とわかって、ちょっと恥ずかしい。



そのくせ、なんかシングル考えるの面白いんですよね。悔しい。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

AzmX

Author:AzmX
当初はそれなりに方向性がありました。
上手くいかないものですね。

要するに要するほどのこともないブログです。
ポケモン関連についてがメインということにする。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。