あずま屋本舗
やりかけ、かじりかけであることをここに誓います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーファス説明書 -チュートリアル2

前回からの続き。

6.近づき方も択にしよう。

近づいた際に、「投げ」と「ファルコーン」の単純な二択をかけることが出来るようになりました。
次は、その近づくために、何をすればよいか考えましょう。

ルーファスの近づき方は、大別して「上」か「下」かのどちらかです。

「上」から近づく手段は、「ジャンプ大P飛び込み」「ファルコーン飛込み」「ファルコーン途中降り」。
これらを使い分けて、相手の対空を惑わすことができます。触れれば、そこから「投げ」と「ファルコーン」で択を。

「下」から近づく手段は、「グローリーキック(3中K)」「歩き」「銀河トルネード」など。
対空に意識を割き、「上」が通用しない相手は「下」がおろそかになります。
なので、それを読んだら「下」から近づきます。こちらも同様に、近づいてからの択をかけます。


7.コンボを練習しよう。
ある程度使っていると、ファルコーンからのダメージが物足りなくなってきます。
なので、火力をあげるために、ファルコーンからの0Fコンボを練習しましょう。

ファルコーン小Kまでで、ファルコーンをヒット確認するのはこれまでと同様に。
さらにそこから近大P(猶予0F、辻式推奨)を繋ぎ、大銀河トルネードまでを繋いでいきます。
ファルコーン>小K>近大P>大銀河(262ダメージ) これを練習しましょう。
画面端では、さらに追撃で小銀河、もしくはUCを繋ぐことができます。
大銀河で相手を吹っ飛ばした後は、前ジャンプで近づき、再度択をかけていきます。

これで投げとファルコーンの択が「150ダメージ」と「262ダメージ」と強化されました。


8.セットプレイを覚えよう。

今度は「投げ」の択を強化していきます。
画面中央で投げを決めた後、ステップを2回し、そこから前ジャンプ。
そこから、相手の頭くらいに当たるようにファルコーンキックを打ちます。
こうすることで、相手のリバーサル昇竜拳などをスカしたり、潰したりすることができます。
対になる選択肢は、何も出さずに着地してスカし投げや再度ファルコーン。
また、一部キャラ相手にはめくり中Kとファルコーンでの表裏択にいくことができます。

これで投げとファルコーンの択が「150ダメージ+起き攻め」と「262ダメージ」に強化されました。



ここまでが出来れば、ルーファスの基本的な行動はほぼ全て出来るようになっていることになります。
スポンサーサイト

プロフィール

AzmX

Author:AzmX
当初はそれなりに方向性がありました。
上手くいかないものですね。

要するに要するほどのこともないブログです。
ポケモン関連についてがメインということにする。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。