あずま屋本舗
やりかけ、かじりかけであることをここに誓います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンガルーにも教えれるっ!

最近、碁を初心者に教えること+教えてるのを見ることが多くなって、ちょっと色々わかったこと。
ならびに、ちょっと気をつけるといいな、と思うこと。


前提
・碁のルールを大きく「石を取る」「地を取る」「石を活きる」と三つに分ける。


40級 「石を取る」のルールを理解している。

石取りゲーム(盤面に石を置いて、どちらがn個先にとったほうが勝ち)をメインに教える。
「打てない場所」の存在も早めに意識させておくと、後の段階が楽になりそう。

ゲームと平行して「端の石を取るのは簡単(石が少なくて済む)」や「コウ(無限ループ)」を飲み込ませていく。
「断点」について、石が直接取れるときに限り教える(合計3手以内とか)。
主に6路盤を使用すること。

お互いに、石が取れなくなってきたら、次のステップ。



30級 「地を取る」のルールを理解している。

本格的な囲碁のルール。
人によっては50級から40級までを1分で行くので、理解度に注意すること。
「石取りで勝負がつかなくなってきたから、陣地で勝負することにした」という切り口で説明(実際の歴史よりわかりやすさ重視。実際にこれで上手い事スライドできるかはまだわからない)。
平行して「コミ(ハンデ)」を教える。不公平さが伴うので、出来れば対局前に言うこと。

「相手の石を包囲」から「スペース(地)を包囲」のイメージへ転換させれると理解しやすい(かも)。

主に6路盤(コミ3目)と9路盤(コミ6目)で教えること。

「地」の概念が飲み込めたら次のステップ。



20級 「石の生き死に」を理解できる。

ここまでで、なんとなく「絶対に取られない石」がある、出来ることは薄々わかってきている。
ので、それの形を示してやる。(部屋が二つ、などの説明を交える。)

後は「その形にどうすればなりやすいか」や「三目中手」を教える。
平行して「一間トビ」と「コスミ」を教え、石のつながりに注目させる。
「石が密着したら注意」も伝えておく。

主に9路盤を使用する。

危機察知能力が芽生えたら次のステップ。



15級 「連絡」を理解できる。

もう少し頑張れば、囲碁プレイヤーを1人獲得できる。

石と石が繋がっていれば強いことに、薄々感づいている状態。
石が切られた後に「しまった」と思えるレベル。

具体的な連絡法、切断法(ナナメの部位が危ない、など)を教える。

主に9路盤、13路盤を使用する。

一桁級、低段位相手に13路で5子、9路で2子程度で勝負の形になってくる。



10級 「孤立」を理解できる。

あとちょっとだ!引きずり込め!

「弱いほうに手を入れろ(どちらが弱いか判断しろ)」や「弱い石が無いか確認しろ(盤全体を見ろ)」などを教える。
平行して「殺意」を刻み込んでおくと、後の成長が早い(ような気がする)。
「自分の弱い石が無ければ、相手を攻める(または、切断する、殺す、ぶん殴る、引きちぎる、暴行を加えた後コンクリート詰めにして海に捨てる、などの表現を用いる)」という、いわゆる「勝ち筋」を意識させる。

主に9路、13路、19路を使用する。


一桁級前半 囲碁っぽくなる。

ゴール! 後はゲームが好みに合うかどうか。もうここまできたら知らない。
「てめぇで考えろ(自由な発想で盤上で遊ぼう)」を教える。




備考
・教えすぎ、詰め込みすぎに注意。度を越えたアドバイスは初心者に何も与えないどころか、「こいつはわけのわからない言葉を話し得意げになるバカだ。こんなやつがやるゲームはどうせろくでもないに違いない。」と思わせるに十分である。

・ベストは初心者同士に打たせること。コンピュータは15級くらいのレベルまではお勧めしない。それが出来なければ、6路で2子、9路で3子などからじっくり始めること。

・9路は十分広いんです。

・途中でめんどくさくなっても、すべき説明は最後までする。 マジだりぃときはもう適当にシチョウでもさせておく。 人間だもの、疲れるよ。

・思いついたら、付け加えておく。
スポンサーサイト

すっご~い閑話休題

さて!

前の記事に「ちょろっと3月はあれだから、4月から色々本気出す」と書きました。

そろそろ真面目に遊ぶべきだしね!
というわけで遊びの選択肢が「スパⅣ(AE)、碁、その他格ゲー、ポケモン、その他ゲーム」あたり。

スパⅣは、新しいとこ近辺のゲーセン事情にもよるでしょう。
近くにAEがあって、そこそこ人がいるならモチベはあがる。

その他格ゲーは、まず家庭用があるかないかによるかも。
流石に一からゲーセンで出来るほど上手くないというか。
非想天則も一つ択だけれど、まあこれから考える感じ?
イマイチ、ちょうど下火になってる感じで気合は入らないかも。
ただし、唯一話せる知り合いがいる、という点がポイント。

マブカプ3とかは、中々にぶっ飛んでるらしいけど、シュマたんの性能見てから(聞いてから)考える。
シュマゴラスいなくてもマードックとかデッドプールあたりがいるし、ちょっと買おうかなとは思っている。

センチ・ダンテが強くて、他にゴウキウルヴァリンストームアマテラスマグニートフェニックス、あたりが強いとか。
特にフェニックスの動画見たけど、なんかすごそうだね。
格ゲーで、実用的な「死亡から回復」持ちってこいつが始めてじゃないかな。
アマテラスが強いとかもちょいびっくり。使用人口多目で開発が進んでるから、とかもあるのかな?
あとアシストでハガーが強いとかも驚き。カプキャラで投げキャラでハガーなのに・・・


その他ゲームは、具体的に思いつかないし割愛。

碁は一番やる気かなぁ。
これからの人生で、ずっとやり続けるのがほぼ確定してるゲームであるだけに、どっかでガッツリやりこんで強くなってみたい。
いいタイミングだとは思う。


ポケモンは、なんかこう、ねぇ。
チラチラ見てるとBWのシングル環境的に「やりたいことを先にやって勝つ」みたいなスタイルになるんじゃないかとかいう話を聞いて。
ボクは、ボクがそういうスタイルやるのは好きなほうなんですが、それが一番強くてみんなそれをやる環境ってなるとそんなに好きじゃないんですよ。
なら、ちょっと選択肢として落ちるかなぁ、と。

まあそういう感じ。



後、明日?か明後日から、ちょっと自分の好きなことについてまとめて書いてみようと思う。
ちょうど頭の中を整理したい時期なので。
とりあえず1週間(7記事)ぐらいを目処に書こうかな。
恥かしかったら、全部書き終わった後に全削除しよう。

犬が死んだ

ついこの間の土曜日のこと。
飼っていた犬が死んでしまった。交通事故だった。
車にはねられて、それでいっぺんぱんに散ってしまった。儚い命だった。

ついに春休みも終わってしまいますね。
ここで『ニートのボクには関係ありませんが』って書きたいのに
何故俺はニートじゃないんだろう。



幼馴染の友人との家に行った時のこと。
彼の家にはバスケットゴールがありまして。
そこで彼がバスケット選手のモノマネをやってくれました。
多分、各選手の得意なプレイみたいなものを。
自分の中ではバスケットの知識なんて全く無く、
『アンクルブレイカー』と聞いて、何故叔父さんを破壊するのかと不思議がるレベルなんですが結構面白かったです。
ちなみに相手の足首を壊すような激しい動きのこと?だそうです。
何故おばさんが尻から臭い物質を出して仲間に道筋を知らせるのか という疑問と同レベル。


で、その後帰ってきて思ったんですが
彼はいわゆる『オタク』では全くないんですが
上記のようなことをするあたり、そこそこバスケットオタクではあるんでしょう。
その彼の知識の発表を見て、自分は全く判らんけれど面白がりました。
そこで、一つのことに色々力を注いでくと、それについて全く興味の無い人でも面白がれるようになる、面白がらせることができる、というのが非常にすごいことに思いまして。
自分について言うと、いわゆる『オタク』であろう自分ですが
そういうのが何も無いというのは随分さびしい。
自分もそういうことが出来るようになりたい と思いました。


というわけでさしあたって囲碁棋士のモノマネでもしてみるか と思い
棋士観察のため日曜のNHK杯見てましたが苑田先生の勝利ィー!
見事、今乗りに乗ってる謝さんに勝利ですよ!
そんな感じで碁の内容が気になって棋士の顔なんて見てる暇がありませんでした。
なんか失敗した感じ!
それにしても、解説が外れても他の棋士ならいざしらず
ちょーうの場合は対局者が失敗した雰囲気になるからすごい。



『形勢がいいとき、悪いときのチクン先生』
『どんな解説のときでも、褒め言葉の無い宋 光復さん』
とかぐらいしか思いつきませんね。
チクン先生はともかく、宋 光復九段は碁好きですら理解が厳しい。
出来そうなので思いついたのが加藤一二三先生とか囲碁ですらないのが終わってる。

95階でアーク、アビスの肉が5つ。この意味がわかるかいお嬢さん

Lv56、力7、HP303
カタナ+12
重装+36(ト、爆、見、皮)
眠りよけの腕輪




何の装備でしょうか、何の装備でしょう。
そうですね、クリア時の装備ですよね、ですよね!



ついにフェイの最終問題クリアー。どんどんぱふー。
いやぁ気分がいい。



序盤で保存がそこそこ。鉄甲(皮、金)カタナ(目)の合成に成功したりする。
が、20階のガンコゾーンあたりでいつものようにじりじり。
が、ドラゴンの脅威におびえるボクに、ついに!ついに!ついに強化の壺(3)が姿を現す!
テンションあがるとかいう騒ぎじゃないよ!吸い出し持ってるよ!
30階ぐらいまで持ちこたえ、剛剣(目、仏、月)、重装(見)に。
眠り避けの腕輪も入り、ここら辺じゃ負ける気がしなくなくなる。
結局剛剣+16(目、仏、月)、重装(見、皮)+34まで成長。
強化の壺を割らざるを得なかったのが残念。
この時カタナ+12があったが、合成不足のため保留に。
が、後々これが活きてくるとは思いもしなかった。


50階。と、そのとき 二個目の強化が姿を現す。しかも(5)!(5)!(5)!
身代り、不幸、ブフーなどを強化体勢に。


61階で白紙すいだしで回収。合計で身代り20回、不幸20回、ブフー15回程度。
ここで封印×2、身代り、ブフー、鈍足を入れておいたけど、
今考えると一時しのぎのがよさげだった。
本隊はこれより即降りを開始する!



71階の階段部屋、罠チェック、入る、カッキーン、どごーんどごーん。
イッテツが最後の最後で、アーマーといい仕事を!
あわれ剛剣は消し炭に。本格的に殴り合えなくなる。
ここで、合成できてなかったカタナ+12を装備。うーむどうにか。
消えたのが盾でなくて、本当によかった。


79階で久々の合成。僕らは君を待っていた。
トドを盾にようやっと合成できる。
81階からローグトド出現だから、本当に危なかった。


89階で強化を割り、身代り、ブフー、鈍足を各30回分、封印を60回分確保。
が、敵を封印して殴りあうのも結構辛い硬さ。結局それほど使わず。
ブフーがどうにも最強すぎる。


95階。迎えるは、音に名高き乱れ大根。
だがしかし、だがしかァーしッ!
ここからのためにアーク肉をしっかり確保。ドラゴンインストールにより砲台モードに入る。
大根程度がこの火炎を掻い潜るは、
スペランカーが拘束制御術式零号開放アーカードに向かうが如くッ!
じわりじわりと煮詰まり、じょじょに不確定要素が取り除かれていく。
来る99階、自分はアビス、目の前に階段、結論として、






そんなわけでクリアー。
いやぁ、不思議のダンジョンはクリアするといいゲームに見えてくるから不思議だ。
感想として「盾、剣の強度、矢、杖、トド盾」あたりが必須かなぁ。
盾は無いと全然死ねる。あれば杖もより活用できるように。
剣は印も揃ってれば後半でもごりごりいけそう。
矢は今回透視が(てかフェイで見たことがないが)出なかったので対通路ゴゴゴはこれしか。
杖はブフー、身代り、不幸、一時しのぎあたりが便利なはず。
回数があるブフー、身代りの強さときたら。
そして数ある印の中で最重要な気がするトド印。
早くに入ればトド狩りも出来るし、何より対ローグに必須。
封印等で対処も出来るけれど、やっぱり無いと。
ゴゴゴもできるだけ気をつけてけれど1発食らったりしたし。うん、識別の腕輪ばいばい。
そのゴゴゴよりさらにやばい能力なトドは本当にもうね。


強化の壺さえ入ればどうにかいける気がする。
リミットは30階あたり、だと思う。
結局今回は乱数に助けられたかなぁ。
斬空、かまいたち、透視、金縛りの杖は見なかったけれど
途中の店にあったのも含め、強化の壺は三回も出たし。
開幕モンハウも85階あたりで1度だけだったし。(序盤は除いて)


しかし結構やってた気がするけど
記録見るとまだ100回もくたばってないんだね。
いやぁ、これで安心してシレン3を待ち望める。

プロフィール

AzmX

Author:AzmX
当初はそれなりに方向性がありました。
上手くいかないものですね。

要するに要するほどのこともないブログです。
ポケモン関連についてがメインということにする。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。