あずま屋本舗
やりかけ、かじりかけであることをここに誓います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

囲碁の概要

知り合いが碁をやるとかやらないとかいっていたので、自分の整理のために、まとめてみよう。

続きを読む
スポンサーサイト

スパ4(家庭用)、根性値込みで実質体力まとめ

体力は一応発表されてるけど、根性値あるからそれよりちょっと多いよね ってことで、調べてみた。
調べ方はルーの大Pをn回あてて死んでるかどうか。詳しい数字は色々コンボ交えつつ。
誤差は±2くらい? その結果が以下。


1100→1161(+61) ザンギ・Tホーク
1050→1102(+52) 本田・ルーなど
1000→1057(+57) 標準グループ
 950→ 997(+47) キャミィ他
 900→ 951(+51) 春など
 850→ 891(+41) ゴウキ
 750→ 791(+41) 家庭用セス 


おおよそ1.05倍くらい。
当然プラスでいえば、体力高いほうが恩恵は受けやすくなっている。
そんで、50の端数のキャラは、端数分ちょっと伸びづらくなってるのかな。



ただ、このゲーム、削りはともかくとしてウルコンゲージの量があるから、具体的な数字把握したところで、あんまり意味ないかもなぁ・・・
ルーファスなら、スペオペ選択すれば、毎ラウンドどこかで使うのが勝ちルートだし。

ファルコーン小大大(264)なら4回通せば標準はほぼ死ぬ。
投げ+ファルTCウルコンで最大575だから、おおよそファル小大大2回分と見積もって。
「投げ1回+ファル3回」と「ファル4回」は、ほぼ同じ扱いでいい とかいう理屈つけるとか。
それが900組になると、投げ2回+ファル2回でいい とか。

ちょっと意識すれば変わるかな?

死兆星(ほし)のさみだれ

「半月 お前には才がある。 参考までにこれを見よ!!」

てつをPの格ゲーMADだった。
子供だった俺は刷り込まれた。いつかトッププレイヤーになるべく日々トレモをした。

ある日

「父さん!どうやったらQMZみたいにガチ大会で優勝できるの?」
「き、鍛えれば・・・」

とうっ!(コイン投入

ヒアカムズニューチャレンジャー 

ジョインジョイントキィ

おれは学んだ

「弱キャラじゃ勝てねぇ!!」



「ええ!真拳使いでもないのに世紀末ゲーに出場することになった!?」
「そんなゲームのダイヤ、無理ゲーか捨てゲーの二択っしょ!もしくは9:1に近い五分」
「あら でもハート様 有利キャラ居らしたわよね?仮面の人によく勝ってるの見ましたよ」
「え、いや、ジャギ様は有利とかそういうのじゃ・・・」
「じゃ、どういう関係なの?」

・・・

「2P側なら有利」
「コイン入れる瞬間から読み合いってどういう仕様!?」




「キャラは10人 使えないキャラを除いて5人 本キャラを除いて4人・・・」
「年末ガチ撮り・・・ いずれはその四天王と対立することになるんですね」
「遅くとも赤い魔法使いとの決着をつけるその前に」




「ナメんな!こいつらは青切符持ってんだぜ!」
「リー、やめな!師匠がいたから・・・」

「修羅プレイヤーです。闘劇が終わったらBASARAに行っちゃったのです」
「ああ、やつは修羅中の修羅だったぜ・・・」

「その人、何使いだったの?」
「トキじゃ」
「しかもナギなしだぜ!」

えっと

「師匠は那戯無闘鬼使いでした」
「那戯無闘鬼使い!?」




面白いという話を知り合いから聞いたので、とりあえず3冊買った「惑星のさみだれ」の感想代わりに。
「惑星」を「ほし」と読むのを買ってはじめて気づいて、なんかやりたくなったので死兆星。
とりあえず明日4巻以降を何冊か買ってこようかな。

3巻までだけ本棚においておくと、「打ち切りが決まって、物語に収拾つけられなくなって、とりあえず騎士12人全員出しとくか」みたいな感じがして、それはそれで面白い。
タイムストレンジャーKYOKOとかそんな感じだったよね。

おーぷんじいやー

あけましておめでとうございます。


今年最初の記事の出だしがこんなんで申し訳ないんですが、前回の記事にたくさんついた広告コメントの中で、ひとつ面白いのがあったので残しました。
投稿者は「お か ま」。


その内容は前回記事のコメント欄見てもらえればわかるんですが、なんていうか、努力がおかしい。
昨今、色んな勘違いが組み合わさって、女装少年、いわゆる「男の娘」が流行っているという現状を反映したないようなんですが、完全にし損ねてる。

まず投稿者が「お か ま」 そして本文しょっぱなに「お か ま」。 それじゃ釣れるわけないだろ!
もうちょいセックスアピールについて考えて欲しいもんです。「オカマ」で欲情する男がいるわけねぇだろと。笑いの対象だろと。

わざわざ「おかま」の間に空白を挟んで禁止ワード対策しているのも評価のポイント。
そんなワード、禁止にしてねぇよ! そしてそんな空白はさむぐらいなら入れるなその単語を。どんだけオカマ好きなんだ。

コミュニティサイトを「コミュ」で区切っているのも可愛い。そこで区切るのは省略形としてメジャーなんだからせめて「コミ」で区切ろうよ。


と、こういうことを、去年の大晦日から書くタイミングをうかがってたんですが。完全にはずした感。
結局年末年始のどこかに持ってこなきゃならない運命なのですよ。



ところで、杉原さんのとこ見て久々に思い出したんですが、「言葉の最初と最後があってれば脳が勘違いして正しく読める」っていうのがあるじゃないですか。
あれを広告に使うってどうですかね。 いや、対策のほうじゃなくて、広告を貼るほうとして。

たとえば前述の「コミュニティサイト」であれば「コニュテサィミイト」とか「出い合系」とかそういう風に崩す
。目に入れば普通に読めるし、これだけ崩せば中々禁止ワードにはかからない。
またわかってる人が読めば、「こいつ中々やるな」と思わせ興味を引かせることも出来る。利点だらけじゃないですか。

ん、「おかま」? 「おかま」はどう崩しても仕方ねぇなぁ・・・・

超「ゆくとしくるとし」

ちょっとたいそうな感じのタイトルだけど、まあ思いついただけのフレーズなので、本文とは何の関係もありません。


しかし、今年ももう終わりですね。まあ結構色々あった一年ではあったかな?
諸々あるはずでも、一番初めに考えるのが「今年好きになった漫画はなんだったっけなぁ」だっつーのが、まあ、らしい。


好きになった漫画家は古屋兎丸かなぁ。今年の6.7月あたりに人から「ライチ光クラブ」を借りて読んだら、まあ面白いこと。「これ中学のときに読んでも面白くなかっただろうなぁ」と、なんとなく自分の成長を感じれた作品でした。物語の面白さは読むタイミング如何。

ジャンプスクエアかな。そこで「幻想ピカソ」がちょうど連載、完結したのも時期がよかった。ことごとくめぐり合わせだなーと感じるところです。作品自体も俺が好きな、ちょうど読みたかった感じの漫画で非常によかった。
ド有難いことでしたわー。
ほぼ全く期待してないんですが、来年元旦に、ライチ関連で何か発表があるらしく。まあめぐり合わせに期待。


今年、ってわけでもないんですが山口貴由も相当きてましたね。
ちょうど最近「シグルイ」が完結して、最高に面白かったのがまだ生々しく印象に残っているのがその大きな理由です。
この人のはシグルイ人気で、過去作品の愛蔵版がガンガン出てたので、それらは読んでて好きになっていました。
が、連載をリアルタイムで追って楽しむ というのは、またこれ格別な思いがあるもので。
最終巻、藤木と伊良子が相見えるシーンを見たときは、一巻の第一話を思い出し、グッとこみあげてくるものがありました。押入れにしまってなかったら、即一巻から読み直していたことでしょう。で、最終巻まで到達したらまた読み返したくなって・・・ 無限ループって怖いね。

「覚悟のススメ」の続編?である「エグゾスカル零」とやらもすでに連載が始まっているとか。
噂では「山口自身も連載することを知らなかった」「もう休めると思ったら、連載を知らされた」「どういう展開にするかまるで考えてない」と、不安になる情報しか入ってきませんが果たして。
あの「覚悟」の続編として書くからには、相当ハードルはあがるわけで。練りこみなしに見切り発車して大丈夫なのかと不安ですが、そこは山口だしどうにかなるだろうとも思うし・・・ まあ、なんだかしらんがとにかくよし!となることを祈ります。


好きになった漫画があれば、逆に嫌いになった漫画もあるわけで。
「カイジ」および福本信行作品がその辺に入るんでしょうねー。
まあ、この辺は巡り合わせうんぬん以前の問題で、他にも色々言われてるでしょうからド放置安定。
舐めてんじゃねーわよっ!っつーところでしょう。


他にも読んだ漫画読まなかった漫画読めなかった漫画読みたくなかった漫画、色々ありますが いや、思い返してみれば、色々読めたいい一年でしたね。
毎年、年の暮れにならないと気づきませんが、俺漫画好きだなー。
この一冊のために生きている つーとこですか。
若いのに消費しか望まないというのは、ちょーっと枯れてる感じが恥ずかしいですが。まあともかく。

来年も読めますように。合唱。

プロフィール

AzmX

Author:AzmX
当初はそれなりに方向性がありました。
上手くいかないものですね。

要するに要するほどのこともないブログです。
ポケモン関連についてがメインということにする。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。